ラクガキ

珍しくフルデジタルで

割とちゃんとデッサン狂いを直しつつ描いて色ぬるとこまでやったので、折角だからツイッターアイコンに流用しようかと……思ったんですが、四角く切り抜いた段階で脳内で待ったがかかったのでヤメ。ここで供養しときます。
Ani_2


| | コメント (0)

何かついカッとなって

深夜に一人絵茶って描いていました。捏造もいいところ。
夕方からやたら寒くて疲れて貧血クラリだったので諦めて20時に寝たら、0時過ぎに覚醒、元気になって午前4時までラクガキとか、まぁ自重というのはどこの言葉ですかおいしいの?みたいなね。
Capture3

本日(12/26)も、断続的に現れては描いているやもしれません。
見かけられたら&お暇でしたら構ってやって下さいませ。
(入り口は左サイドバーの「タカミン直通」)

| | コメント (0)

作業スペース俯瞰

Cocolog_oekaki_2009_05_14_22_03

実際はもっと散らかってますがね。机と多目的棚(作業台代わり)とPCラックをコの字型に配置したら、もうそこから抜け出せない感じさ……。

| | コメント (0)

何ヶ月ぶりか分からない

このブログのお絵描きツールがバージョンアップしたらしいので、試し書き。
Cocolog_oekaki_2009_05_12_19_22

あー、画面左上からカーソル位置まで、勝手に直線が引けてしまうバグは修正されたんですね、いつの間にか。これなら普通に描けるですよ。これでキャンバスサイズ選択と拡大表示機能がついたら言うこと無いんですが。

Cocolog_oekaki_2009_05_13_00_34

うっかりようつべに入り浸ってしまっている駄目な人です。深夜枠で追いかけきれないアニメとか見てしまう。1話が2~3パートに分かれているので、続き捜すのに苦労したりもするけども。ところで、あるシリーズがいちいち英語字幕付だったんだけど、あれは海外でも放映されていると言うことかな? あんなもの海外でやっているとも思われないが……まぁ、ほんのり英語の勉強になって良いような、とはいえ全く身につかないような。

ほんのり勉強になって良いと言えば、図書館で借りて読んでいる小説が、ついつい音読したくなるカタカナ英語の奔流でたのしいです。フワッタンプゥォフィクトゥァーゥド! カタカナ眺めているとピンと来ないのに、音読すると分かったりする不思議不思議。そして、最近ちょいと脳科学がらみの何かを引き受けているせいで、そっちの方面から考えても楽しい楽しい。やはり言語は基本的に音声あってか。そうか。

そして音声といえば、私がアニメやら漫画やらを好むのは、その耳に心地よいセリフというか、詩的な表現を聴きたいからのような気がしています最近。日常会話ではふつうあんまりないじゃないですかそういうの。いや、私はだいぶ脳味噌が偏っているせいで、普通にそっち系というか漢語よりの言葉が出ちゃうこと多いんだけど、そしてお陰で非オタクの人には引かれてしまったりするんだけど。ああ、漢語といえば、私と姉は漢語を多用することによって、同席している家族に内容を気付かれずにその家族の陰口をたたくという芸当が出来ます。だから非オタクであるはずの姉にも、その素養はあると思うわけですが……まぁ、要するに言葉が好きなのです。歌のように言葉を聴く。詩のように散文を読む。ひょっとしたら、オウムのように聴いた言葉を覚えているだけで、理解はしていないのかもしないと時々思う。こぎとえるごすむ。……しかして、自分が思考していると言うことすら信じられなくなったらどうしたらいいのか。

……もっとも、それすらも言葉遊びのうちである、が。

| | コメント (0)

閾値に苦しめられる。

スキャナの自動調整を使っていると、コントラストが強くなりすぎて薄い線やトーンが情け容赦なく飛ぶので、はずしてみてます。そうすると手補正必須にはなるけども・・・。・・・って、どうでもいいけど、三点リーダが出ないですよ。Atokさまの不調???(いちいち文字パレット起動させるの面倒なんですが・・・;)

081015scantest

で、いろいろ試してみてます。これくらい違いますよ、と。はい。絵が下のと同じなのは、手近にあったもの使ってるから。

それにしても、やっぱ分割スキャンが面倒ですよ。手補正かけること考えると余計になぁ・・・。

| | コメント (0)

試行錯誤中。

なんだかお久しぶりになってしまいました。

生きてますよ&描いてますよということで、作業中のスクリーンショットにラクガキしてみました。クリックで拡大。相当に重いのでご注意。全体像が見えない場合にはこちら
080621
一応いつものアレの続きですが、例によって例の如くできることをできるところからやっているだけで、もう仕上げに入ったとかではありません。どうしたら効率が上がるかとか考えないといけないしね。まぁ他にも懸案はあるけども。

手探りは手探りなりに、大分慣れてきました。少し前、フォトショップの勉強したのが一応役に立ってる…かなぁ。今更のようにスタンプツールとクイックマスクの便利さを思い知っています。そして、やはりメインマシンは力持ちだ。ファンの音が凶悪だけど。(筐体内に殆ど隙間がないうえグラボ増設してるからね……)

ただ、やっぱりUSBハブの調子は悪いらしくて、プリンタで出力テストするにも「デバイスが認識できません」を連発される状態です。新調すればいいとか、そういう問題でもない気がする。マウスだけは動くのが不幸中の幸いだけど。何か干渉しているのか。ううーん……。

| | コメント (0)

物は試し。

印刷屋さんのサイトからA5原寸の原稿用紙テンプレをDL、それを元に本文データ用雛形を作成、ついでに「範囲をブラシで塗るだけでアミ点トーンが貼れる小細工レイヤー」を作ってみました。

080607
例によってクリックで原寸。ええと、何をしたかというと、

(1)原稿用紙と同じサイズのファイルを別途作成、10%グレーで塗りつぶし
(2)線数指定でハーフトーン二値化→原稿ファイルにコピペ、モードを乗算に。
(3)コピペで出来たレイヤーの下に、範囲指定用のレイヤを置き、クリッピンググループにする。

……でした。この状態で、範囲指定レイヤを乗算にしつつ白で塗ると、塗った範囲だけに上のアミ点が反映されるという仕組みです。61とか62とか、よく使うトーンはこういうレイヤーセットを作って予め原稿用紙の雛形ファイルに載せておけば、あとは塗るだけでトーンが貼れる……と。レイヤーマスク使った方が動作は軽いだろうけど、こちらのほうが事故が起きにくい気もする(というか、私はマスクと間違えてレイヤー本体を塗ってしまうことが多々あるのでね…)。あと、この方法ならエレメンツでも使えるかな。
フリー素材やフィルタで生成できるトーンだけを使うと種類が乏しいのが難だけど、この方法なら手持ちのアナログトーンをスキャンして対応できるな、と思ったり。最近、使うトーンの種類は限られてるし、少なくとも電脳空間の表現はこれで十分なような……。

そういうわけで、コミスタ導入は見送ったけど、デジタル処理についてはかなり前向きに検討中です。スキャンする時間とまベタを手塗りする時間と、どちらが早いかという感じだけども……。

| | コメント (0)

結局。

ペンタブのドライバ再インストールしてから試してみたけど、結局の処フォトショップで加工した方が早いという厳然たる事実の前にコミスタ導入は見送られました。(またか)

↓画像はフォトショ作業中画面のスクリーンショット(一部)。クリックで原寸ですがばかでかいのでご注意。よりにもよってハゲ女なのはPC内にあった線画を使い回したせいです。人物の影はフィルタで生成、背景のトーンはフリー素材。
Ws000028

……まぁ、「シェイプツールで色つき選択範囲作成→ラスタライズ→カラーハーフトーンフィルタ(または新規書類にコピペして二値化)→レイヤーマスクではみ出たところ修正or鉛筆ツールで削り」で、網点トーンの代用は出来るわけでね……。最初からパターンで塗りつぶしたレイヤー作っておいて、レイヤーマスクで塗る(というか要らないところを消す)って荒技もあるわけでね……。(つか、コミスタのトーン機能って、よーするにソレをやってるんだと思うんだよ…。)
やっぱりというか何というか、とりあえず今は要らんな、という結論になってしまった(苦笑)。写真屋の小手先のほうが手に馴染むんだもんなぁ……。

| | コメント (0)

うぬうむ。

Ws000021_1

線画はアナログが、まベタやトーンはCGが一番早いだろうかやはりと思う今日この頃。

というか、ふと思い立って、いっそフルCG漫画にしてやったらどうかと、とりあえず試しに描いてみようと……したはいいけど主線半ばで挫折。この画像の元絵も、キャプチャした直後に未保存のまま削除してしまいました。つーか、人物一人ペン入れするのに30分も掛かるのではダメです。使えない。

最近のソフトは描き味もアナログに近くなってるし、出来上がる作品もかなり「アナログ的な」表現が可能である以上、将来的には漫画もCGが主流になるんだろうなーと思うわけですが。(イラストでは、とうの昔にCG主流になってますしねー)

でも実際にやってみると時間も掛かりますし、CGならではの緻密さというか……アナログで描いている時には気付かない(というか無視できる)線の揺れ、「入り」や「抜き」のタッチまで見えてしまうが故に、必要以上の精度で描いて疲れる→集中力が失われてへろへろの線になる→稚拙さに耐えられなくなって投げる……という……(遠い目

なんというか、アレです。虫眼鏡越しにペン入れしているみたいな感覚。画像が小さいうちはなんとかなるけど、印刷に回すような漫画原稿をいちからCGで起こすというのは…………例えA5原寸で作ったとしても……ううーん。

いや、多分、ペン入れまでアナログでやって、仕上げをCGにするのが私的には一番早いのですが、いかんせんスキャナがA4(普通のサイズ)で、原稿自体はB4で描いているために、1頁まるっとスキャンするのが不可能というのが問題なんですよねー。これまでずっとB4の原稿用紙を使ってきたし(CG仕上げをする時は分割スキャン)、今書きかけになっているのもB4サイズなので、これをざっくりA4に移行しようと思うと、描いたぶん縮小する必要があるとか……いやそれだと感覚狂うから結局描き直しになるとか……ううむ。現在、不完全ながら下書き30P目(途中白紙あり)なのですが、B4で描いたものA4に描き直すと同じ展開で40枚になってしまうような気も。何故かというと小さく描けない人なので……。

あー、でも、実は「あんまりトーンを使わず、ペンタッチとベタで表現する方向に切り替えたい」とも思っていて、それとの兼ね合いも色々。ハッチングで陰影付けるに、B4で描いたモノをA5に縮小したら飛び放題ですしねぇ。冬に出した幻水本は、そう言う意味で実験的な作画をしたのだけど、A4をA5にしただけでもだいぶ飛んだし。ぬー。

ま、良い機会なので今後の進行も含めて、少し考えます。
A4判の紙に移行した方が先々ラクではあるのですが、ねぇ……。

| | コメント (0)

問屋さまのいけず

070329
のんびりインプットにいそしむはずが、うっかり変なスイッチを入れてしまってそれどころでなく(苦笑)。みっしり仕事をして、そろそろ今日は帰ろうかと言う時間です。それでも普段より2時間以上早いですが。(お客さんが来ない日なので早仕舞)

画像は、落書きのひとつもしないのは何か悔しい(オイ)ので、ついさっき15分で描いたもの。おエビのアプレットは動かないけど、これなら代用できるなぁ(何に

今日は実家に寄ってから帰るのですが、余力があったら絵チャに潜るかもですよ。寄り道してもなお、帰りが早い(当社比)と思うので。

| | コメント (0)